読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(Draft)就職エントリの追記

とりあえず……。

 

出身は大阪です。

 

今住んでるのが東東京()で、会社は港区です。

 

あと……なんか最近死にかけなので予防接種はしばらくしないかもしれないです……つらい。

ゆうなんとかクリニックに行った

上野院ではコンサータ出せないって言われた

 

言っていいのかそれ

 

ストラテラ飲んだことあるんだけどーって言ったら「もう1つ薬あるんだけど私は出せないから……」って医者は伏せてたのに看護士?が「コンサータ出せるのは……」とか言い出して笑いそうになった

 

コンサータ改善するなら飲んでみたいけど、やめられなくなるとコンサータが命みたいになって嬉しくないから迷っている

返事の失敗

PTSDみたいにフラッシュバックする過去の失敗を供養していきます。

 

(先に就職エントリの追記をしたいけど、うまく浮かばないから後回し……)

 

お風呂でのんびりtwitterをしてたら、ツイッタラーにLINEで呼ばれました。

 

軽く「ほい」って返事したら、「twitterのことなんだけど……」と。twitterで何かあったっけ?って思いながら、大した話ではないと思い同じ返事。

 

……存外真面目な話でした。後悔。

 

それ以降、私はどんなにふざけた状況でも、名前を呼ばれたらどんなシビアな話が飛んできてもいいように真面目に返事をするようにしています。

 

軽い方の失敗だし、割とどうでもいいんですけどw

 

明日はメンクリだー

dockerグループに追加してない理由

警告: ユーザーを docker グループに追加することは root にするのと同義です。

Docker - ArchWiki

 

私は仕事に使うマシンを常にrootで使う度胸はない。

 

……ともっともらしく書きましたが、「普段からrootでの作業は危険だ!」って言われているから嫌なだけです……

 

sudoのタイプの差は気にしたことがなかった。2FA使えるサービスは片っ端から2FA有効にする変態(?)だからかもしれないですね。

 

吐きそう。

明らかにやる気がない

今日までで始業時間に間に合ったのが面接のときくらいしかありません。誰がどう見てもやる気がない……。

昨日、"philosophy"とレーベンシュタイン距離が近いことに気付いたんですけど、哲学より好きなことはたくさんあるし、全く意識してませんでした。語彙力の欠如なんとかしたい……。

命名スキルなさすぎて恥ずかしいんですが、"PHYsicai"、"LOgical"、"STYx"で4モーラになるように……みたいな(適当)

www.16-personalities.com の結果が"INT-P"なくらいにはlogicalな思考なのでそれを入れた

感情的でありたくないのでsentimental, emotional => mental の逆でphysicalみたいな

自己評価が"死んだ方がましな人間"であるので"三途の川":the Styx

……

アウトプットに慣れてないからブログ書いてると疲れます……最後が雑になる言い訳です。定期的にアウトプットしたいと思います。……

失敗した

私のきもい絵がサムネイルとして出るのは完全に想定外でした。失敗した……。

高専を中退して就職しました

初めに言っておきますが、タイトルに若干の偽りがあります。中退してしばらく経ったことと、就職と言うかは微妙なところ、あとは今日が初出勤ではないことです。

中退したときにゆっくりさんのエントリを見て希望を持てたので、私もそんな記事を書こうと思います。

yukkurisinai.hatenablog.com

なお、闇の深さにだけは自信があるので、おddさん(神戸高専を中退し渋谷のIT企業に入社する。: むりやりハリボテェ)のようにいろいろと伏せてぼかした上で、時系列でないところもあるので、このエントリは話半分に雰囲気で読んでください。

内容がまとまっておらず冗長で、さらに記憶が薄れてきているので読みにくい表記や矛盾があるかもしれません。疲れたらブラウザバックを推奨します。

小学校入学まで

商用電源が60Hzな地域で生まれました。 出生に関して特筆することはないですが、下の理由で両親が忙しく、予防接種を受けていません(近いうちに受けるつもりです)。

記憶が残っている頃(3歳くらい)には父親は東京に単身赴任していて、年に2回くらい帰ってくるだけでした。 母親は同居していた姑(父方の祖母)の介護に忙しく、兄弟とは年が離れているため一緒にいることは少なく、ぼっちで引きこもっていることが多かったです。 ほとんど誰とも喋らない毎日を過ごしていたと思います。

一人でしていたことは、読書や絵を書くことでした。 見つかるところにあったのは子供向けの本とかではなく、兄弟の教材や取扱説明書だったので、そういったものを読んでいました。

「絵を書く」というよりは、紙に電車の線路を書いたりしていたのだと思います。 電車の外観には興味がなく、ひたすら何か毛もくじゃらのようなぐちゃぐちゃを書いていたようです。(↓こんな感じ)

f:id:philosty:20170402100303p:plain

何に興味があったのか、正確なことはもはや覚えていないですが、この頃から大規模のエンタープライズなシステムが好きで、自分で制御したいとでも思っていたのかも知れません。

3歳の私へ一言。絵、きもかったです。

小学生のころ

人と喋った経験がほとんど無かったので、学校に行っても1言も喋らないことも多かったと思います。 入学するまでに兄弟の使っていた計算ドリルや漢字ドリルを見て、1年生の勉強はある程度分かっていました。

知ってるところを授業でやっていたので、授業を面白いとは思いませんでしたが、寝ることはありませんでした。 しかし、答えのない授業や課題(図工とか読書感想文とか)からは逃げていました。 覚えていないので推測ですが、初めて読書感想文を書こうとしたときに、本を読んでも何を書けばいいか分からず*1、仕上がらないまま年度が終わって逃げ切れてしまって習慣になったという感じでしょうか。 答えのある分野(というか理系?)の勉強は、授業を聞いていれば分かったので、授業以外で勉強することはありませんでした。

PCに触れたこと

家には昔から父親の買ったwin98のPCがありましたが、みんなゲームにしか使っておらず、あまり使うことは許されていませんでした。

兄はWinXPのノートPCを家族みんなのために買ってくれました。

それよりしばらく後には、知り合いがWin2kのノートPCを貸してくれました。

兄が一人暮らしを始めてノートPCを持って行ってしまった後は、ときどき部屋でPCを触らせてもらえました。

怒られているときに言葉が出にくくなったこと

兄と同居していたとき、兄はPCを触り続ける私に、PCに触れることを制限しました。 外で遊んでほしかったのでしょうが、喋らない私に友達はいません*2。 結局怒られるまでPCを触る私は何度も怒られるわけです。

母親もそうなんですが、兄に大声でまくし立てるように怒られると、私はすぐに言い返すことができませんでした。 兄は私に「いけないと分かっていたのにした理由」を聞いてくるのですが、「何でしてしまったんだろう……」と考えている間に兄は無視されたと更に怒り、今度は「無視をする理由」などを矢継ぎ早に聞かれます。 次から次へと聞かれるとどれを答えればよいか分からなくて、更に答えることができない悪循環が続いていました。 全く答えられなかったわけではないのですが、怒りを収めるには程遠く、ノートPCを投げられたり、iPod Touchにハンマーを振り降ろされたこともありました。

今も恐らくその影響で、感情的に怒られると言葉が出にくいです。

兄はこの頃の怒り方に負い目を感じているようで、後に「殴っても良い」と言われました。 私が悪いので、殴るつもりはありません。勝手に和解したつもりになっていましたが、ちゃんと伝えなければいけませんね。近いうちに……。

身内を亡くしたこと

父親が亡くなりました。同じ時期に父方の祖母も亡くなりました。

ベッドに横たわる父親はあまりにも弱っていて、正直そんな状態の父親に会いたいと思いませんでした。 父親が「(会社の人とかは)あまり面会に来てほしくない」と言っていると聞いて、それを理由に2度と面会に行くことはありませんでした。 私には来てほしい、と伝えられたにも関わらず、です。 父親は回復することなく、定年を目前にして亡くなりました。 死んだら話せないんだなーと当たり前のことを思いました。 泣いて失敗したと思うことは人生でこれだけだと思います。 母親が入院したらちゃんとお見舞いに行こうと思っています。

父へ。そっちへ行ったら、酒でも飲んでお話しましょう。死んで謝ります*3

中学生のころ

文化部に入ったらきもいマンの仲間入りする気がして嫌だったので、休みが一番多いという理由で陸上部に入りました。 決断に時間がかかり、入部が1週間くらい遅れてしまいました。 タイミングが悪く、初めて行ったのはキツいと噂の他校との合同練習の日でした。 それまでろくに運動もしていなく引きこもっていた私は、他のみんなから遅れていることもあってか、顔色が悪いからと休むように言われました。 今となっては笑い話ですが、そのときは本当に辞めようかと思いました。

授業にも飽きて、少しずつ授業中に寝るようになりました。 分かっている部分の授業のときに別のことをしていると、いつの間にか先に進んでいて少しずつ授業が分からなくなってきました。 文系嫌いは相変わらずで、定期テストの前に少し勉強をして点数だけなんとかしていました。

PCにディープに触れたこと

SSDが4GBの安いUMPCを買ってもらいました。 リソースが足りないので、nLiteを使ってWindowsを軽量化したり、SDカードをSSDとして認識させたり、レジストリいじくり回してパフォーマンス上げたり、Embedded向けのカスタマイズで軽量シェル*4を導入したりして遊んでいました。 レジストリの設定をミスって起動しなくなったり、データ飛ばしたりして困ったときにKNOPPIXに出会いました。この頃はLinuxは難しいと感じていましたが、squashFSか何かで圧縮されていて4GBにオフィススイートが収まったりしていて普通に使えることに魅力を感じていました。

HTML/CSS/JavaScript/PHPを書いて無料webページスペースに公開したりしていました。 C言語に触れ始めたのもこの辺りだと思います。 その後は、ジャンクのPCがいくつかあったりした気もしますが、特に不自由していなかったせいかあまり覚えていません。 CentOSを入れて普段から使用し、webサーバーを構築したりもしました。 WindowsApachePHPやActivePerlを入れるよりははるかに楽だったから、だと思います。

高専生のころ

高専のことは兄にすすめられて知りました。 特にやりたいことも決まっていなかったので、パソコン好きな人がいっぱいいればいいなーと高専に行くことに決めました。 説明会で普段使っているOSを聞かれたとき、そのときいた20人程度のうちLinuxを使っているのは私だけだったので不安になりました。

高専の入試には特に勉強をすることなく、当日会場に向かう電車の中ではそのときはrootedな泥端末でも動いていたパズドラをしていた記憶があります。 滑り止めは特に考えていませんでしたが、1発で合格して晴れて(?)高専生になりました。

パソコンオタクばっかりだと思って入ったのに、私のクラスにはそれっぽい人がいませんでした。

クラスに居場所がない私は、クラブに居場所を求めました。文化部に対する偏見はもうなく、プログラミング部に入ろうと思いましたが、チキンなので人数が多くてとても見学に行けませんでした。 2つまで兼部ができるので、私は先に人数の少ないとある部に入りました。そこで異性といろいろあり、付き合うことになったり1ヶ月で振られることになったりしました。 その後プログラミング部には入りましたが、その時の私は初めて見た競技プログラミングというものに良いイメージができず、最終的にあまり行くことはありませんでした。 もう1つのとある部で、webページを作れなくもないことを話したら、学生会のwebページを作らないかと誘われて学生会に入りました。 そして、私は会計をすることになりました。来年にはきっとweb担当なんだ、と思っていましたが、会計の1年生は私だけだったので、このまま会計を続けることを悟りました。 学生会は忙しく、あっと言う間に数年が過ぎました。 授業中は寝て、授業についていけなくなり、テストの点数は低下していきました。

学生会は悪くない、と言いたいところなんですが……学生会は多数の留年者を出しました。

お金の話

私は些細なことから(学生には大金)を手に入れることになりました。 始めは使うつもりなどなかったのですが、事情があり少しずつ使っていくうちに、いつも迷惑をかけている友人におごったり、ガジェットを買ったりしてお金を使っていきました。 ちょうどその頃、遠距離恋愛が始まったり、会いに行くのにお金を使ったり、お金を使いはたしてバイトを始めたり、振られたりしました。 それからは使った額を貯めようとバイトにのめり込み、一人暮らしを始めたり、好きなものをたくさん買ったりしました。 当然成績は不振です。お金も貯まりませんでした。

お金の話ついでですが、兄弟はFXで数千万円溶かしました。 ちょっと儲かっていたときに、私はLet’s noteを買ってもらいました。

高専を中退する

ゆっくり氏の在籍していた木更津高専は休学ができると知り、先生に休学したいと申し出ました。 ところが、私の通っていた高専は、診断書がないと休学ができないとのことでした。 まあそんな感じで退学しました。

フリーター

バイトにのめり込みました。深夜も働いて、稼ぎはよかったですがしんどかったです。 残業時間が128h/3ヶ月を越えて、シフトを調整されたこともありましたね。ブラックなのかホワイトなのか……。

結婚した

家を出たいと言っていた木更津高専の方とほぼ掛け落ちのような感じで結婚して、 2人で首都圏に住みはじめました。 東京には昔から憧れていました。 何かイベントがあれば半分は東京、テレビでやってるお店は東京、ディズニーランドも幕張メッセも東京……の近く!! ニコニコ超会議も行けないし、秋葉原に買いにも行けない。 TOKYO MXはいろんなアニメを見れる。 ずっと、ずーっと、東京に憧れていました。 そんなわけでついに憧れの首都圏に越してきて、えーっと、お金を稼ぐのに必死でした。

いろいろあった

いいことも悪いこともいろいろあったと思いますが、記憶があまりない…

(和解したためここにあった文章は削除しました)

ADHDと診断されたりもしました。

別れ

ITに染まりたいので別れます。さようなら

東京に住むこと

憧れの東京暮らしです。

よく考えてみたんですが、私は特にメインカルチャーのイベントに参加したいと思うこともなく、おしゃれなお店でご飯を食べようと思うこともなく、TDRよりUSJ派でした。 ニコニコ超会議も混んでるし特に見たいものもないので行く予定はないですし、秋月行ったけど特に作りたいものは今のところなかったです……。 MXをかけても特に見たいアニメはなく、そもそもサブカルチャーにもそんな興味があるわけでもなく……。

郵便番号が1で始まって、03な電話番号が持てて、電源周波数が50Hzで、IT系のイベントがあれば気軽に参加できる、くらいでしょうか。

まあ、満足してるからいいや。

就職?

食べ物系だった会社(語弊しかない)にアルバイト入社しました。 頑張ろう。

*1:物語とかをあまり読まず、辞書とか取説とかの事実の羅列のようなものばっかり見てたからですかね

*2:いなくはない(主観)んですけど、あんまり誘わなかったですし、基本1人なのは変わらないので

*3:近いうちに自殺するというわけではありません

*4:Linuxで言うところのDE