読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux on Let's noteでも明るさを変えたい!

Let’s note AX3を使っていますが、電車とか太陽光の下で作業をしようとすると画面が見えにくいのでそろそろなんとかしようと思いました。

TL;DR

  • Panasonicロゴのとき(UEFI)とgrubの選択画面(これもUEFI Appだったはず)のときはFn+F1/F2 HotKeyが効くから、どんなOSを使っていても起動時には調節できる(けど必要になったときに再起動するのは面倒)
  • 上記の方法で21段階くらいに調節ができるから、暗い方から4番目以上の明るさで起動すると/sys/class/backlight/intel_backlight/brightnessの変更がちゃんと効く

今まで

/sys/class/backlight 以下にpanasonicintel_backlightがあります。 どうやらハイブリッドグラフィック*1を採用しているようです。

そこから

ToDo: 今度ちゃんと書く

明るさが4番目の状態で起動すると、panasonicのbrightnessが16、intel_backlightが66になっています。この状態からだとintel_backlightの変更が実際に明るさに反映されます。

sudo tee /sys/class/backlight/intel_backlight/brightness <<< 937を実行すれば明るさMaxになります。 直射日光下でも見えると思います(試してない)。

やったー。

ノートPCでLinuxを使うなんて

そんな意見もありますが、私は割と快適に使えていることもありこのままのつもりです。

その昔、当時使っていたノートPCが積んでいたWiFiモジュールのドライバがLinuxカーネルに含まれていなくて、ソースを探してきたもののコンパイルできずにヒィヒィ言っていた時代はありました。 その時は「GNU Hurd頑張れ〜〜」なんて思っていましたが、今はもうLinux強いから、いやそれでも*2……。

おまけ

powertopを見ると、panasonicの方に設定されたbrightnessの値によって、2つあるDisplay backlightのうち1つのUsageが上がります。 消費電力を計ったわけではないので気分の問題かも知れませんが、panasonicの方のbrightnessは画面の明るさに影響してないから1とかにしておくと精神衛生上よいと思います。

*1:ハイブリッドグラフィック - ArchWiki

*2:バグあるし書き直したい症候群です。応援してくださる変態の方はtwitterまで